企業情報COMPANY OUTLINE

HOME企業情報理念・沿革

理念

経営理念 ― 国民の健康と世界の福祉に貢献すること ―

イノベーションをもたらすナノ医工薬融合学による
独創的な薬物封入ナノ粒子製剤の開発を基盤として、
世界に通用する全く新しい
革新的な診断・治療法の研究開発を行い
日本発の革新的ナノ医療の実用化によって
国民の健康と世界の福祉に貢献すること

沿革

年 月 概 要
平成19年2月 九州大学発ベンチャーとして(株)先端医療開発を設立(資本金10,000千円)
九州大学との共同研究契約締結
平成20年3月 興和(株)とピタバスタチン封入ナノ粒子製剤開発を開始
平成20年10月 ホソカワミクロン(株)とナノ粒子の販売代理店契約を締結
平成21年7月 平成21年度福岡県バイオベンチャー等育成事業採択
平成21年9月 おきなわ新産業創出研究開発支援事業採択
平成22年1月 おきなわ研究所開設
平成22年2月 第10回バイオビジネスコンペJAPAN審査委員会特別賞受賞
資本金2,000万円に増資
平成22年4月 ナノ粒子製剤の治験薬GMP 製造開始
平成23年1月 馬淵澄夫国土交通大臣(当時) 当社おきなわ研究所視察
平成23年4月 平成23年度OKINAWA型産業応援ファンド事業採択(ビジネスプラン名:琉球のめぐみによる琉滴シリーズ(機能性食品)の新商品開発)
平成23年6月 知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業採択(研究名:健康長寿改善の技術開発のための、有効成分の経皮吸収等の新手法を利用したメタボロミックな基盤的研究)沖縄科学技術大学院大学の共同研究に参画
平成24年2月 高度管理医療機器等販売業許可取得
平成24年3月 資本金3,000万円に増資
平成25年5月 安倍晋三内閣総理大臣九州大学病院視察
江頭健輔教授が重症肺高血圧症治療用ナノ粒子製剤の実用化と臨床試験についてプレゼンテーションを行う
平成25年6月 おきなわ研究所 移転
興和株式会社との健康食品等研究開発に係る業務委託契約締結
本社を福岡市博多区下川端町に拡張移転
平成25年8月 平成25年度沖縄県産業振興基金事業採択
平成25年度農山村6次産業化対策事業に係る緑と水の環境技術革命プロジェクト採択
平成25年12月 PITシステム(PITカテーテル・処置用パック・ハンドPIT)業務移管を受け販売開始
平成26年8月 資本金9,000万円に増資
平成26年9月 平成26年度沖縄県ライフサイエンスネットワーク形成事業採択
平成27年3月 資本金10,575万円に増資
平成27年10月 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「平成27年度革新的ものづくり産業創出連携促進事業」採択
平成27年12月 資本金19,260万円に増資
平成28年6月 平成28年度 沖縄科学技術イノベーションシステム構築事業 採択
資本金19,485万円に増資
平成28年8月 資本金22,140万円に増資
平成29年4月 一般社団法人沖縄綜合科学研究所のゲノム解析及び管理法人業務を承継