ニュース&トピックスNEWS&TOPICS

HOMEニュース&トピックス

お知らせ

2017.06.01

お知らせ株式会社岡田DDS研究所様との技術移転契約を締結しました。

この度株式会社岡田DDS研究所様からの技術移転を受ける契約を締結いたしました。

(長期除法性注射剤のフィーシビリティ試験の受託)
 岡田DDS研究所様のご指導・ご協力のもと、長期徐放性注射剤のフィージビリティ試験を受託致します。
 低分子化合物、ペプチド・タンパク質医薬品、オリゴ核酸などの医薬品の1ヵ月~3ヵ月間長期徐放性注射剤の製剤化におけるフィージビリティ試験を、in vitro/in vivo放出性試験に基づき検討します。
 第一次試験(調製法の確立、放出制御の可能性の可否、約6ヵ月)および第二次試験(最適化検討、約1年間)の実施プランを作成し委託研究をお引き受け致します。
 
 岡田DDS研究所様は医薬品創製、特に製剤設計のコンサルティング業務を専門にされており、所長の岡田弘晃先生は、研究者として武田薬品工業(株)に30年間在籍後、東京薬科大学、同大学退職後名誉教授として、2011年6月に株式会社岡田DDS研究所を設立されました。
 岡田先生は武田薬品工業(株)在籍時に世界的に有名な前立腺がん治療薬「リュープリン」の製剤設計のご実績があり、豊富な創薬経験をお持ちです。

 岡田DDS研究所様URL http://okada-dds.com/

受託試験に関するお問い合わせ先
 株式会社先端医療開発 おきなわ研究所
  沖縄県うるま市字州崎5番8号 沖縄ライフサイエンス研究センター
  TEL.098-989-3771 FAX.098-989-3772
  担当者:研究開発部 部長 福田宏太郎
  E-mail:fukuda@sentaniryou.co.jp
 
 この度、岡田DDS研究所様からの技術移転、技術継承を受けることとなり、創薬に携わる弊社と致しまして今後益々「国民の健康と世界の福祉に貢献する」という企業理念を実現すべく、尽力して参ります。

(写真は岡田先生ご指導開始を記念して弊社おきなわ研究所にて)

< 前のページに戻る