ニュース&トピックスNEWS&TOPICS

HOMEニュース&トピックス

お知らせ

2017.07.24

お知らせ琉球大学 益崎裕章教授との共同研究成果が沖縄タイムス、琉球新報に掲載されました。

沖縄タイムス 平成29年7月20日付 25面 「玄米で満腹感 働き解明」
琉球新報   平成29年7月22日付 22面 「玄米、依存症を緩和」
に下記の内容が掲載されました。

(要旨抜粋)
 琉球大学医学部第2内科 益崎裕章教授らの研究で玄米に含まれる「γオリザノール」が動物性脂肪に対する依存性や嗜好性を緩和することを世界で初めて突き止めた。
 論文が世界的権威のある糖尿病学会誌「Diabetologia(ダイアベトロジア)」(8月号 8月1日号)の表紙で紹介される。
 γオリザノールは視床下部と脳内報酬系の双方に作用して慢性的な動物性脂肪の過剰摂取による悪循環を遮断し、適正な食行動に回帰させる効果が期待できる。
 益崎教授は動物性脂肪は非常に強い依存状態をもたらすことを指摘。新しいメカニズムの解明で生活習慣病の根本解決につながる画期的な成果だと語った。


弊社と致しましては、本件共同研究を含む創薬事業及びヘルスメディケーション事業の展開等により研究の成果を1日でも早く皆様のお手元へお届け出来るよう事業を推進して参ります。

< 前のページに戻る