研究情報RESEARCH

HOME研究情報研究・開発体制

研究・開発体制

おきなわ研究所

当社おきなわ研究所は、ナノ粒子製作拠点として新たな医薬品の開発、機能性食品等の新たな素材の開発に日々取り組んでいます。

  • 特許切れの医薬品
  • 既知の原材料
  • 開発を断念した化合物
  • 希少な原材料 など

様々な研究機関・企業から依頼を受け提供された原材料を、弊社技術によって、各素材に適したナノ粒子の最適化を行い、医薬品や健康食品の素材としてご提案しております。
また、沖縄には亜熱帯地域特有の植物が多数自生しており、生活習慣病等の予防や改善に対する効果が期待できるものが多く存在します。
当社おきなわ研究所では、沖縄産農林水産物に含まれる機能性物質を探索し、自然由来で身体に優しい健康食品及び食品を研究開発、製品化しています。

九州大学との共同研究

九州大学発の創薬ベンチャーである当社は、同大学循環器病未来医療研究センター循環器病先端医療研究開発学教授である江頭健輔の発明した独創的なナノ粒子製剤等を基盤として、国家目標に沿った創薬研究開発の事業化を産学官連携体制により推進しています。